2018年09月24日

プラクション パロ伝 13 龍魔導士アクアビート

paro13 (2).JPG
paro13 (5).JPG

1990年発売。300円。

paro13 (6).JPG
paro13 (4).JPG

グランゾートよりアクアビートがパロ伝化。
残念ながらウィンザートはキット化ならず。

paro13 (3).JPG

パッケージ裏は12と同じく、ドラクエUI風。

paro13 (7).JPG
paro13 (8).JPG

箱ベロは魔法解説。
パーシャルなんて単語が使われているのは、1980年代からの冷蔵庫が多機能化したことの反映だろうか。

paro13 (9).JPG

微妙にコストを抑えた3色刷のペラ1ストーリー紹介が付属。

paro13 (10).JPG

説明書もドラクエ風。時代を感じる。

paro13 (1).JPG

ランナーはブルーがなぜか彩度低めの青に。
足パーツが上下分割となっているのが他のキットと違うところ。
フェイスパーツは若干はめづらいので組むときは注意が必要。

paro13.JPG

本体はオーソドックスながら、付属品のマントが可変してドラゴンになるギミック付。
デザインも秀逸で、300円ながらBB戦士のサタンガンダムのようにローブ姿にすることができる。

posted by ふぇ at 18:42| 【プラクション パロ伝】

プラクション パロ伝 11 フェニックスウォリアー空王丸

paro12 (2).JPG
paro12 (6).JPG

1990年発売。300円。
ここから第2期、龍の王者編スタート。

paro12 (5).JPG
paro12 (4).JPG

空王丸も初パロ伝化。10番台から始まる変形ギミックを備えている。

paro12 (3).JPG

パケ裏の紹介はドラクエのUI的なデザインに変更。

paro12 (9).JPG
paro12 (8).JPG

箱ベロは魔法紹介に。

paro12 (10).JPG

説明書では投稿イラストがイラストレーターによる清書なしに。

paro12 (11).JPG

ランナーはいつも通りだが、白ランナーを見るとやたらと小さくなっていることに気づく。

paro12 (1).JPG

組み立てたのがこちら。
本体は他よりちいさく、DW龍神丸以上に背中にウェイトが割かれている。
しかし平べったいパーツが多く、武器も剣一本でボリューム不足に感じるのが残念。

posted by ふぇ at 18:00| 【プラクション パロ伝】

2018年09月18日

光と闇の伝説 1/24 クラスター

clas (2).JPG

1989年、テレビランドより発売。頂いた情報によると800円。
デフォルメ模型では無いが、デフォルメキットブームの頃に出たデフォルメっぽいプラモということでご紹介。

clas (1).JPG

なんとなく昭和末期〜平成初期に出た、プラモ屋にありそうなこのキットだが、バブル時代の凄さを凝縮し体現したような、とてつもなくヤバいもの。

clas (4).JPG
clas (3).JPG

箱絵を一見すると、完成見本や設定説明ののったよくあるバンダイのプラモの(!)テンプレだが、JANコードやバーコード、価格といった情報が一切無い。

また、メイドインジャパン、“バンダイで生産”といった情報が載っている。

clas (5).JPG

この時点で気づいた方は「ざわ・・・」となるだろうが、説明書を見てみると、設定や完成見本の他に結構本格的な漫画が書き下ろされている。
当然のようにフルカラー。

clas (6).JPG

値段の割にランナー少なめに思えるかもしれないが……。
冷静に大人の目線で見るとヤバさが見えてくる。

このキット、“横浜博覧会内の松下館限定発売、完全新規金型で外注。しかもバンダイ製。イベントの期間はたったの半年”というところ。この時点で役満。

しかも複数素材を使用。専用ポリキャップ、クリアパーツ2種、ビニールチューブ)に一部塗装済み。説明書はフルカラーで描き下ろし漫画もあって“たったの800円”。

昭和のプラモブームが終わり、子供は完成トイやデフォルメキットを買いつつゲーム機にハマっていた時代。
バブルが生んだ今では考えられないモンスタープラモデルがひっそりと生まれていたのである。

posted by ふぇ at 19:50| 【その他単発レビュー】

ソードマスター龍神丸 龍帝(ドラゴンマスター)龍星丸

so3 (12).JPG

タカラより1991年発売。1200円。
元ネタはワタル2の龍星丸。

so3 (13).JPG

変形はしないが、剣王龍神丸に比べると等身のバランスも良くなっている。

デザインは剣王と同じくファンタジーロボ感溢れる。

so3 (11).JPG
so3 (10).JPG

シュトデニアスの新しい魔装機だよ。と言われたらそう見えそうな感じもする。

so3 (2).JPG

説明書は1枚紙に戻り、シールの他にジュエルシールが付属する。

so3 (1).JPG

パーツはポリキャップの一部を除いてすべて新規造形。
剣王と比べると塗装済みランナーがなくなり、ボリュームは増えている。
メッキパーツの装飾のヌキが相変わらず非常に美しい。

posted by ふぇ at 18:27| 【ソードマスター龍神丸】

アオシマ版 鉄人28号くん Aコマンドー鉄人28号くん

tet (17).JPG
tet (19).JPG

おそらく1992年発売。600円。
模型流通のアオシマ版 鉄人28号君シリーズからコマンドverの登場。

tet (20).JPG
tet (18).JPG

どこかで見たことあるような、ガンダムに合いそうな形の左目用ターゲットスコープが特徴。

tet (16).JPG

磁石で関節をつなぐという変わり種プラモデル。
やっぱり変形走行の絵面がひどい。

tet (15).JPG

ランナーは3枚で1枚は@と共通。
胴前面も流用に見えるが、アーミーナイフとベルトが追加されるなど、金型に変更が加えられている。

tet.JPG

こちらが組んだ状態。腕関節が独特すぎて、好き嫌いがはっきり分かれそう。

嫌いな人も意外と武器はしっかり作られており、改造用として手に入れるのも悪くないと思う。


posted by ふぇ at 15:16| 【アオシマ 鉄人28号くん】