2018年10月17日

BB戦士 非売品 農丸頑駄無 蓄光バージョン

bbc (3).JPG

箱は完全な白箱で、プレミア感を煽ってない分、伝わる人には伝わる強いオーラ。
白箱にはただならぬレアものが。

bbc (4).JPG

タイトル通り、この白箱にはBB戦士序盤のプレゼント品で、特別製の農丸頑駄無が入っている。

数ある非売品BB戦士の中でも珍しい、フル蓄光仕様。
この仕様は他に武者頑駄無がある。
元祖SDではナイト、キャプテン、F91、スペリオルドラゴンが蓄光バージョンが売られていた。

bbc (5).JPG

説明書とシール、ポリキャップは通常版と同じ。

bbc (6).JPG

元メッキパーツも雑魚も暴留も全て蓄光パーツに。
写真にするとなんとも黄ばんだホワイトクリアじゃないのと思われるかもしれないが……

bbc (1).JPG

光に当てた後、ライトを消すとこんな感じに光るのが特徴。
そろそろイベント限定品に蓄光版も加えてくださいバンダイさん。

古いBB戦士の蓄光版とか大人が1000円札を札を束にして、買わせてくれー!と叫びますよ!
さぁさぁ!
posted by ふぇ at 23:59| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年10月16日

BB戦士 限定版 GUNDAM F91 チケットスペシャル

f91 (2).JPG

1990年発売。1200円。
F91の映画公開に合わせて作られた、映画チケット付のナンバー74とは異なる“特別仕様”のBB戦士。

f91 (5).JPG

何が違うのかはひとまず置いておき、チケット付で1200円というのは非常にお得。
パケイラストもこれ専用に描き下ろされている。

f91 (3).JPG

箱サイズも通常ナンバー版とは違い、300円サイズ。

f91 (4).JPG

箱側面も本商品の特別仕様。
開発画稿が載っているのだが、側面や背面を見るとその違和感に気付くかもしれない。
軽く触れておくと、BB戦士通常ナンバーverのF91は、可動の都合でヴェスバーが肩アーマーに付いている。

f91 (6).JPG

説明書のコミックワールドも特別編で通常ナンバーとは違う。
通常ナンバーのCWが気になる方はガンダムベースで絶賛販売中なので買って見てみよう。
ちっちゃーいのコマのジェガンだけは通常版と構図が同じなので見覚えある人も多いはず。
しかしよく見ると描き直されている。

f91 (7).JPG

キットは白ランナー二枚とポリキャップとシール。
突っ込みどころが多いのだが、まず強化ウェポンとビームシールド、手持ち武器が無い事に気付く。
そして、ランナー配置が違い、マスクパーツがない。

f91 (1).JPG

以下通常ナンバーとの違い。
・マスクが一体化していてフェイスオープンにならない
・肩アーマーが上下差し込みではなく側面差し込み型で肩のピン位置も違う
・胴が上下一体化。マシンキャノンの造形が省略されていない
・ヴェスバーがバックパック接続、それぞれの接続ピンと受けの位置が違う
・肩フィンが上下ではなく、筒部分での接続

f91 (8).JPG

このキット最大の特徴である、フェイスが一体パーツになっていることで通常ナンバーと比べて
厚ぼったさがなく、自然なツラ構えとなっている。

f91 (9).JPG

小ネタ情報として、肩フィンの筒部分が通常ナンバーにもあるが、このキットの名残である。
また、コミックボンボンの改造戦士で千生将軍(プロトタイプ)の改造元はこちらのキット。

また、本商品と同仕様で単色の文字だけのパッケージで、販売店用予約特典スペシャルプラモデルというverもある。こちらはビデオの販促プラモの様子。
posted by ふぇ at 19:56| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年10月10日

BB戦士限定版 コミックボンボンオリジナル 超白鋼仕上げ飛天頑駄無超将軍

bbhi (6).JPG

コミックボンボン1993年6月号にて先着3000名(!?)
に1000円で本誌通販された、No.114 飛天頑駄無超将軍のメッキ版。
3000名というところに当時のBB戦士がいかに勢いがあったかがわかる。
現在ではボンボン応募先着系の限定プラモの中ではダントツで入手しづらい。

bbhi (9).JPG

パッケージ表はガンダム野郎のやまと虹一先生描き下ろしになっており、
作中に登場した白鋼の飛天(本物)をイメージしている。

bbhi (7).JPG
bbhi (8).JPG

パケ横はデザインそのままで、写真だけ専用の物に差し替えられている。

黄金武装農丸、千生大河スペシャルと応募先着系は手が込んでいたが、
これ以降は単色パッケージとなっている。

bbhi (10).JPG
bbhi (1).JPG
bbhi (2).JPG

説明書は1面イラストやナンバリングの箇所、コミックワールド上部が差し替えられている。

bbhi (3).JPG

部品注文カードも専用になっている。
それ以外は通常ナンバーと同じ。

bbhi (5).JPG

後に抽プレとなる兄弟、大牙や他の抽プレ白鋼が通常の銀メッキであることや、多威無掘駆主弐で再現された物がつや消しメッキなことから混同しがちだが、このキットはメッキランナーが2種使われている。

bbhi (4).JPG

銀メッキランナーが2枚、半つや銀メッキランナーが1枚。
シールとポリキャップなどは通常版と同じ。

コミックでは12巻に登場。実際は大河では無く長谷川指導員がバトルに使用する為取り出す。
が、次のコマで大河の超軽闘士が乱入し戦うことは無かった。

そして転送イベントアイテムとして消費され、次回では自称狂四朗の弟子が作ったとは思えない塗装が剥げる偽白鋼が登場。本物の話題はフェードアウト。以降は話題にすら上ることはないという出オチ扱いに。

その実銀メッキではあるが、“白鋼”というブランドに仕上げるセンスがすごい。
子供の頃は白鋼=特別レアな物という認識でいたから、後の輝羅鋼でより驚く事となる。

posted by ふぇ at 13:16| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年09月15日

BB戦士 限定版 天下統一編 導きの巻

mict (6).JPG

1991年発売。1000円。

mict (10).JPG

BB戦士で唯一、プラモが付属しない商品。
巻物やら下敷きやポスターサイズ勢力図やら、塩化ビニール製の台座などが入っている。

mict (9).JPG
mict (7).JPG

パッケージデザインもフォーマットが独特で、箱自体も特殊なケースでサイズも大きい。

mict (8).JPG

封になっている荒烈駆主シールの顔がかわいい。両手広げてるポーズのやつだろうか。

mict (5).JPG

パッケージの内箱はひっくり返すと台座になる。塩化ビニール製で、周りをカットして使う。
天雷地の三体を置くことが出来る。

mict (11).JPG

戦国古文書はボンボンの付録のでかい版といった感じでページの最後にはBB戦士のコミックワールドでおなじみの今石画伯による描き下ろし漫画がのっている。

mict (12).JPG

小宮山指導員らの会議の様子は必見。

mict (13).JPG

下敷きは今石画伯描き下ろし。シールは台座に貼り付ける用。はがきは影荒烈駆主のデザイン公募用。

mict (14).JPG

ポスターは勢力図で、機動武者大戦や大将軍列伝から読み解くと、頑駄無軍団側の陣地は静岡県のバンダイがあるあたり。
犀頑駄無だけ準備稿で、完成稿とはデザインが違う。四天王全員、まだカラーが定まっていないのがわかる。

mict (2).JPG

巻物は頑駄無軍団の家系図や、本編の展開と連動した予言が載っている。

mict (1).JPG

そう、百ノ進が持っていたあれ。
導きの札を使って読み解いていく。

mict (3).JPG
mict (4).JPG

芸が細かいのが、筒に巻き付けられたあたりには頑駄無軍団出陣の舞なるものが。
わざわざその為に鳳凰頑駄無が書き下ろされている。

プラモが入っていない分、当時の子供にはやや厳しい内容だろうが、いまとなっては今石画伯の描き下ろしがふんだんに使われた、非常に価値の高いものとなっている。


posted by ふぇ at 13:52| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年08月21日

BB戦士 導きの巻(伝説の大将軍編版) と CDカード全種

bbmi (15).JPG

1992年発売(12月?)600円。
500円サイズ箱のBB戦士ながら、BB戦士にしては珍しい紙類主体の商品。

bbmi (2).JPG

ナンバリングもされておらず、当時唐突に出た、
伝説の大将軍の販促を目的とした限定品。

bbmi (1).JPG
bbmi (3).JPG

商品の中身は、フルカラーブック、ポスターサイズ勢力マップ、
CDカード、塩化ビニール製っぽいジオラマベース、メッキプラの光と闇の結晶鳳凰にシールと両面テープ(後述)という構成。

bbmi (4).JPG

内容物その1
当時、バンダイがごり押ししていたスーバーバーコードウォーズ対応のCDカードが3種。
ジオラマベースは切り取ってシールを貼って台座に見立てる方式。
伝説の大将軍解説書はあらすじやキャラ設定などが載っている。
烈光達キャラクター紹介が、弓銃壱、月光、流星と三烈神の鎧を賜る前の名前で掲載されている希有な印刷物。

bbmi (5).JPG

CDカードの裏面にはバーコードとキャラ紹介や反転して読む隠し文字などが載っている。
(あとで細かく紹介)

bbmi (7).JPG

商品構成その2
勢力図に載っている天宮の図はほぼ日本の地形。
アナハイム山は富士山にあたり、以北は
PS1のゲーム機動武者大戦で確認出来る。

bbmi (8).JPG

キットの結晶鳳凰はゴールドメッキとクロームメッキ。
地上最強編の光と闇に分かれた迷惑鳥状態を再現。

2018年放映のガンダムビルドダイバーズにもうっかりざくれろ等と共に出演。
あ、こいつラスボスじゃね? と一部のSDガンダム世代を不安に陥れた。

bbmi (6).JPG

解説書の最後のページには組み立て図とキットの使用方法が載っている。
結晶鳳凰を両面テープで兜に付ければ誰でも大将軍だ! という当時ですら疑問に思ったなかなか豪快な仕様。
接続部は無く、本当に付属の両面テープで強引に貼り付ける。
が、すぐ落ちる。

幻のキットとなっていたが、2012年にプレバンから武者多威無堀駆主・弐
に光の結晶鳳凰が再収録されている。

bbmi (9).JPG

そしてこの商品に付属のCDカード、烈光、列空、烈波には001-003までの数字が充てられていて、
後に発売される烈光、烈波、列空、轟天の4キットの初回版に04-011までがランダムで封入されていた。
※風車の百式には封入されていなかった記憶。確実なのは烈空まで。

DlHE3KoVAAAqSdh.jpg
DlHE3KnU4AI0hIw.jpg

CDカードのサイズは喫茶店のコースターサイズで、
封入されていた紙製の物の他に、つやありPPが施されて裏面が白い、シール状の販促物?(出自不明)が10種存在する。

・001 烈光
・002 烈波
・003 列空
・004 風車の百式&うっかりざくれろ
・005 轟天(プリズム シール版は通常柄)
・006 魔殺駆
・007 瀬羅
・008 華紅羅
・009 刃流刃浪
・010 烈光・列空・烈波(プリズム シール版は未確認)
・011 羽流鋭 

bbmi (11).jpg

まず6枚。005、010はプリズム仕様で低確率で封入されていた様子。
いずれも設定イラストなどの流用。

bbmi (13).jpg

裏面は設定や心技体の図などが掲載。周りが白黒になっているところは白→白→と順番に読んでいく。
反転文字は画像反転や鏡などで。

bbmi (12).jpg

四魔将と魔殺駆の残り5枚。
やはり設定イラストなので、このCDカード自体にそれほど価値は見いだされていないのが現状。
当時は情報の少ないボスキャラがいち早く見れてうれしかった。

bbmi (14).jpg

裏面には各軍団の面々のイラストが掲載。

伝説の大将軍編の初期数体初版のみに封入といった形態や、初回生産のみだった導きの巻を所持していないと、初版を持っていても“脇役ばかりの薄いメンコが入ってる。”くらいにしか思わないので、知る人ぞ知るアイテムとなっている。
posted by ふぇ at 20:39| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年08月15日

BB戦士36 ムシャサイコ

bbsai (1).JPG


BB戦士ナンバー36 ムシャサイコガンダム
1989年8月発売300円。

bbsai (2).JPG

通常版バーで6番までのガンダマンシリーズが廃盤になっているのは
割と有名な話ですが、それ以降のナンバーでも唯一廃盤となっていたのがこの斎胡。

bbsai (3).JPG

なぜ? という疑問は後ほどの写真を見ていただくとして、
パッケージは七人の武者シリーズデザイン。

bbsai (4).JPG

元祖SDのように目にギミックはないため、洗脳マスクを付けられたときの
ピンク目で統一されている。
(シールで通常目の緑とコンパチ可能)

bbsai (7).JPG
bbsai (6).JPG

初版にはアイディアコンテスト応募用紙が。
何が選ばれたんでしょうね。

bbsai (5).JPG

長らく再版されなかったことの弊害がこの説明書のコミックワールド。
キットは巨山の斎胡で再現可能ですが、コミックワールドを読むには
このキットか、ボンボンスペシャルのコミックワールドまとめ本を手に入れるしかなかった。
※現行再販の可能性もあるので、うちではあえて読めなくしています。

bbsai (8).JPG

キットは当時のオーソドックスな構成
さてさて界隈では有名なのでご存じの方も多いかと思いますが、
この斎胡は金メッキの金型が巨山の斎胡発売の際に改修されたと噂になってたり。

あまりに再販されない為、都市伝説ともいえるこの噂がもはや定説になった
2012年。プレミアムバンダイで武者多威無堀駆主なる物が発売。
http://p-bandai.jp/item/item-1000013986

その中で、数十年ぶりに再販として封入された武者斎胡には、
噂を裏付けるかのように巨山の斎胡の金メッキパーツが。

※「ムシャサイコガンダム 2012Ver.」には、生産の都合上、
一部「巨山の斎胡」のパーツが入っています。
との一文で説立証となりました。
posted by ふぇ at 23:26| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年05月17日

BB戦士 天下統一編版 二代目頑駄無大将軍 装飾舞台付

bbdai (1).JPG
bbdai (3).JPG

通常ナンバーの頑駄無大将軍をパールホワイト、パールレッド、パールイエロー
に成形色を変更、バキュームフォームで成型したベースに背景台紙を付属させた限定版。


bbdai (4).JPG

コミックワールドも専用の物が書き下ろされている。
1991年12月発売。800円。

bbdai (5).JPG

パッケージはパッと見、通常版と大差無いようにみえるが、
四代目大将軍などの少し大きなタイプとなっている。

bbdai (2).JPG

側面には追加された幼名、“雷凰”の記述がある。

bbdai (7).JPG

装飾舞台はカッターで穴を開けて頑駄無城の背景を差し込む。

bbdai (8).JPG
bbdai (9).JPG

キットはランナー二枚分の成形色以外の追加はないが、
新凰頑駄無等と同じパールホワイトが少し豪華に見える。

bbdai (6).JPG

そしてこのキットの真価の描き下ろしコミックワールド付き説明書。
ストーリーは荒烈駆主が四代目となり、璽威武装で各大将軍を終結させた
終盤の隙間を描いた物。

大箱セット系と並び、店頭販売されたBB戦士ではトップクラスに入手困難。
ツイッターで情報を頂いたところ、
セブンイレブン限定でBクラショップでも取り扱い有りだった様子。
経路不明で若干数がおもちゃ屋、模型屋に流通した可能性もあったそうです。


posted by ふぇ at 00:10| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年04月25日

BB戦士 限定版 黄金の英雄 四代目頑駄無大将軍

bb4 (1).JPG

1992年7月発売。2000円。
二代目、三代目、四代目大将軍、F90、キング二世の5種類が同時発売。
(初代頑駄無大将軍はなし)
通常版の倍の価格なので全て集めようとすると7200円。

bb4 (3).JPG

当時の少年は正月から7ヶ月も経った頃に7200円を集めるなんて
無理ゲー過ぎて、貯金箱に貯めた100円玉を必死に出してとりあえず二代目と
三代目を購入。

bb4 (2).JPG
親に頼み込んで2000円を握りしめておもちゃ屋に行った頃には
四代目は姿を消していた。

bb4 (4).JPG

各大将軍は三日で消滅、
かろうじてキング二世が残っていたり、
人気の劣ったF90も次第に見かけることはなくなっていた。

bb4 (5).JPG

通常版との違いはメッキ以外に、
金色に彩られた箱と特別感溢れる箱表面のシール。

説明書も○数字が限定に置き換えられているが、
コミック部分などに変更なし。

コミックワールドは今でも通常版のキットが手に入るので
ぜひガンダムベースで買って見てください。

bb4 (6).JPG

キットはポリキャップを除くフルメッキ加工。
片面金メッキで裏は銀メッキ。
造型は折り紙付きの、通常版はクリアパーツにメッキが使われ、
完成度と満足度が高いキットとなっている。

DSC02425.JPG

こちらは以前、当時品を再現したもの。
組むとこんな感じに仕上がり、とてもありがたいものとなる。
posted by ふぇ at 21:19| 【BB戦士 限定/非売品】

2018年04月14日

BB戦士 強化武具セット@

bbkyo (2).JPG

1989年12月発売。400円。
武者頑駄無七人衆用に取り付け可能なオリジナル防具と、
ノーマルのサザビーを漣飛威に改造するパーツが付属。

bbkyo (6).JPG

七人衆用だが、武装は漣飛威をぬいて6セットなので、
一人分たりなく、付属のコミックワールドでもネタにされている。

聖剣の兜は初代大将軍が若い頃使っていたという設定がある。

bbkyo.JPG

金メッキランナー1枚と、ライトグレーランナー1枚、
メタリックシール1枚の構成。

bbkyo (3).JPG

竜骨の兜は横面もかなり広がっているので、
肩アーマーと干渉し、そのままではスッポリとかぶせることが出来ない。
一応肩アーマーには凹があり、若干逃すことが出来るので
まったくかぶれないことはない。

bbkyo (5).JPG

武者シールドは小刀を収納可能。
脇立二種は、斎胡および摩亜屈に装着可能。

飛行ユニットは滑車が付いており、紐を通すことが出来る。
羽を繋ぐパーツの基部はタイトなので、軸が折れやすい。
と、単純なオプションセットなのだが、
先述の通り、漣飛威(商品では武者漣飛威)
を再現する事が出来るのが目玉。

bbkyo (1).JPG

七人衆編の漣飛威とノーマルサザビーでは、本体デザインが違うので、
完全再現をするには若干の改造が必要。
正確には漣飛威風になる。


そして当時のボンボン世代はご存じの通り、
ガンダム野郎でスペリオルドラゴンと戦った武者浮羅威矢、
三代目大将軍の影武者、武者影将軍の改造に必要。
画像は昔作ったもので、アラがあるのはご容赦を。
※本来の武者影将軍に羽は付きません


bbkyo (4).JPG


今でこそレアBB戦士筆頭だが、
1992年頃までは模型屋に結構残っていた。
当時のコミックボンボンを見ると、
BB戦士のイベントの景品にもなっていた模様。



posted by ふぇ at 16:03| 【BB戦士 限定/非売品】