2018年09月07日

キャッ党忍伝てやんでえA パワーアップメガプルルン

teya (14).JPG
teya (16).JPG

1990年4月発売。500円。

teya (15).JPG
teya (17).JPG

プルルンの戦闘スタイルにトリツックンと装甲がセット。
紫外線で一時的に変色するパーツが特徴。白から紫に変色する。
が、パッケージではどう変わるかが分かり辛い。

teya (6).JPG

説明書のおタマがかわいい。

teya (8).JPG
teya (9).JPG

写真と共に後述するが、90年代の女性型プラモではトップクラスの出来。
ランナーは4色とシール2種。

teya (7).JPG

太陽光(紫外線)を当てるとこのように色が変わる。
太陽光線でエネルギー回復という設定からのギミック。

tey2.JPG

こちらが素組み。
素の表情は柔らかさと愛らしさが会心の出来で、頬の肉感やラインは満点。
目は筋彫りがされていて、そのバランスも完璧。笛も付いている。

teya2 (2).JPG

女性キャラのプラモデルはFAGが出るまで、時代を考えても厳しいものが多かったが、
マスクを付けなければこのキットは間違い無くトップクラス。
腕にオリジナルの武器発射装置を装備出来る。

teya2 (1).JPG

この当時のデフォルメキットによくあるのだが、首が前に出がちなので
首の位置を少し後ろにずらすだけで印象が大きく変わる。

メガアップのマスクは付けると顔が前面に出る為見栄えが悪くなるので、
フェイスパーツを別パーツ化して、差し替えできるようにするとよさそう。

kya.JPG

追記・顔だけわかりやすくサフを吹いてみた。
おわかりいただけたであろうか?
1991年にして、この異質なクオリティである。
posted by ふぇ at 13:59| 【キャッ党忍伝てやんでえ】

2018年04月14日

キャッ党忍伝てやんでえ@ パワーアップメガヤッ太郎

teya (10).JPG

第1弾は主人公のヤッ太郎。1990年4月発売。500円。
ヤッ太郎の戦闘スタイルにトリツックンと装甲がセット。

teya (13).JPG

SDプラモデルでは例を見ない紫外線で一時的に変色するパーツが
特徴。何故か口は半開き。

teya (12).JPG

箱絵では変色の様子を、これが→こうなる!
と力強く書いてあるが、塗装済みの為何が変わったのか分からないのが残念。

teya (2).JPG
teya (1).JPG

実物は目に見えて青みの白から青紫に変色する。

teya (5).JPG

ポリキャップ、スプリングギミック、可変装備との合体など
BB戦士の技術がフィードバックされている。

teya (3).JPG
teya (4).JPG

胴体と下半身が固定になっていたり、アニメ体型よりデフォルメがかっているが、柔和な表情がうまく再現されている。

teya (11).JPG

500円という価格設定で特殊材質、
メタリック+透明の2枚のシール、合体変形にオリジナル武器に、
造型の良さもあり、マスクが完全にお面に見える以外は
SD模型の中でも上位のクオリティ。

惜しくらむは、江戸前セットが倍の値段ながら
フルカラー+メッキという仕様。
食玩は単色ながら基地遊びができるなど、競合が強かったこと。
posted by ふぇ at 18:40| 【キャッ党忍伝てやんでえ】