2018年10月16日

ゴジラ 極彩色の大決戦 ビュンビュンモンスターズB ゴジラVSバトルモスラ

goz (3).JPG
goz (6).JPG


1992年11月発売。1000円。

goz (5).JPG
goz (4).JPG

ゴジラと建物、バトラの幼虫/成虫がセット。
映画では極彩色の大決戦だったようだが、キットは悲しいくらい単色の小バトル。

goz (1).JPG

版権料の高さなのか手抜きなのか、ゴジラは@やAと同じパロチェンマンの流用。
ナンバリングも3しかないのに同じゴジラが入り続けるのが厳しい。

goz (1).JPG

バトラ二種は稼働部位なしの新規金型。
造形はかなりよく、顔はBB戦士のマスク改造パーツにも使えそうな大きさ。

ギミックはバトラ二種もプルバック走行が出来る。
映画に合わせて無理矢理作った感のあるシリーズだが、色を塗れば映える。

2018年02月23日

ゴジラ極彩色の大決戦 ビュンビュンモンスターズA ゴジラVSモスラ

goz (9).JPG

1992年11月発売。1000円。

プルバックゼンマイを組み込む仕様で三体入り。
映画の副題として『極彩色の大決戦』とあるが、
残念ながらキットは単色のランナーが二枚と細部はシールで再現。
が、ゴジラ用のシールはない。

goz (8).JPG

ランナーの一枚はゴジラで、@〜B造型は一緒。
そのゴジラ(と建物)、@のキングギドラは
パロチェンマンの金型流用という、
バンダイではガンプラ以外では滅多にない
別タイトルシリーズのリデコ商品にメカキングギドラ用のパーツが追加されている。
(コンプリ予定はないのでここでご紹介)

goz (7).JPG

Aのセットはゴジラと建物(@と同じもの)、
モスラの幼虫/成虫がセット。
モスラ二種は稼働部位なしの新規金型。

goz (11).JPG
goz (12).JPG
goz (10).JPG

大量生産されていたBB戦士との比較はともかく、
同時期発売のキメチェン戦士シリーズに比べると、
あまりコストが掛かっていなくて割高な感じがあるが、
新規キットの造型自体は良い物なので塗装が出来てゴジラとSDキットが好きな人は買って損はない。