2019年01月30日

ひょっこりひょうたん島 ドン・ガバチョ

don (4).JPG

SDガンダム世代からすると、親の世代がハマっていたらしいひょっこりひょうたん島。
そのドン・ガバチョが1991年、10月に発売。600円。

どうしてそんなレトロなタイトルが? となるがどうやらこの年、NHKでリメイクがされていたらしい。

don (2).JPG

元祖SD系のフックトイに見えるが、ホビー事業部から出た歴としたプラモデル。

SDガンダム世代にとってはまったく受け付けないキャラデザなので、
自ら進んでお小遣いを投入した人は少ないのではないだろうか。

しかし、色眼鏡抜きでキットを見てみると、1991年という時代には考えられないクオリティのプラモで有ることが分かる。そのあたりは後述。

don (5).JPG

帽子と連動して口やひげ、目が動くというギミックがある。パコパコ。

don (3).JPG

また、尻の下に穴があり、棒をさしこめば人形劇を再現できる。
しかしこの細さだと真鍮棒じゃないと折れそう。3mm穴なので現代だとアクションベースも使用可能。

don (1).JPG

説明書はこの時代にしてはめずらしい、ロックマンバトルセットと同じく1色刷り1枚。
そしてバンダイホビー事業部にしては珍しい正誤表もあり。

don (6).JPG

ランナーがこちら。まずはおなじみのランナーロックなどもあるが、4色のランナーとシール、
見覚えしかないポリキャップなど。パーツ数は控えめで、プラモ慣れしてない人でも組みやすくなっている。

色分けはシャツの白、靴などの黒が足りないのだが、それをなんと荒鬼頑駄無でも使用されていた布シールで補うようになっている。

荒鬼が1994年のキットなので、実に3年前には布シールが採用されていた。それをシャツの質感を出すために使うというこだわり具合。

don (7).JPG

また、よく見ると本体ランナーは元々の人形のデザインをイメージして、元祖SDのスーパーオーキスと似た、御影石風のまだら模様をプラで採用するなど並々ならぬ力の入れ方である。

そして、90年代初期といえば元キャラとかけ離れた顔だったり体型だったりするデフォルメプラモが多い中、顔のイメージや体型などかなり忠実で、7:3分けの髪型が6:4分けくらいになっている以外はほぼ完璧にイメージどおり。

塗装せずともイメージどおりに組み上がる、担当者の熱の入り具合が異常なハイクオリティキットとなっている。(ボタンとハンカチーフのみ塗装が必要。ハンカチーフはシールの余ったところ使えば塗装も不要。)

そんな明らかにコストが掛かったキットも、発売はドン・ガバチョ1体のみで終わってしまう。

posted by ふぇ at 10:27| 【その他単発レビュー】

2019年01月15日

疾風!アイアンリーガー @マグナムエース

iron (2).JPG

1993年6月発売。600円。
これとは別に、トイプラモでチーム内7体セットのアイアンリーガー7セットが存在する。
混同されがちだが、造形も出したバンダイの部署も別なのでアイアンリーガー7セットの単品版というわけではない。

iron (3).JPG
iron (5).JPG

このブログで紹介するデフォルメ模型では最後期のもの。
シリーズとしてはAマッハウィンディがある。
以降は企画中とバンダイのパンフにあったがキット化されなかった。
ブルアーマーは試作まで存在。

iron (6).JPG
iron (4).JPG

パッケージを見るとトイ系プラモに見えるが、ホビー事業部から出ているので完全に扱いはプラモデル。
プラモ版はオリジナル武装のスコープが付属。

iron (7).JPG

背面の商品写真は武装全部盛りでバッターなのかキャッチャーなのかよくわからなくなっている。

iron (8).JPG

説明書。真顔でテンション昂ぶるマグナムエース。

iron (1).JPG

ランナーはクリアパーツ含めて5色。
さすがにトイ版と比べると色の足り無さがきびしい。

デフォルメプラモはいつもバンダイ自社競合のトイ版に仕様もしくはクオリティの面で負けていたが、
マグナムエースに限っては造形も仕様も割と近い物になっている。
顔は口周りの造形がややきびしいが許容範囲内。
付属品では元祖や本家SD版ともいえるトイ版に比べると豊富で、造形やギミックもしっかりしており、甲乙つけがたい。



posted by ふぇ at 20:25| 【その他単発レビュー】

2019年01月06日

NG騎士ラムネ&40 キングスカッシャー

king (6).JPG

1990年8月発売。500円。

king (5).JPG

近年まで、なんとなく1994年頃の作品だと思ってたラムネ&40。
顔がそこはかとなく龍神丸っぽい。

king (3).JPG

さすがに近年の造形物と比べるとバランスが厳しく見えるが、顔と四股の造形やバランスはよさそうなのでぼてっとしたボディを弄ってやるだけで化けそう。

差し替えでサムライオンの変形可能。こちらは手首がやや厳しめのバランス。

king (4).JPG

デフォルメのバランスはかなり等身が高く、手首や腕も可動する。
が、見る限り腕の可動範囲は狭そう。

king (2).JPG

説明書にはややネタバレに近い事が載っているが、アニメ放映から少し時期がたってからの発売だったのだろうか。

king (1).JPG

メインのランナーは4枚。概ねイメージカラーのランナーだが、時代故に色が足りない。
そしてポリキャップはこれどこかで見たことがあると思ったら、なんと逆シャアシリーズと同じもの。

90年からのバンダイのデフォルメプラモは基本1シリーズでおおむね3種類はでていたので、
主役の1体のみで終了というのはめずらしい。(91年にも1体のみで終了したのが存在)

Q極変形というメッキをふんだんに使った当時トイがあったようで、プラモ版は安さが売りとはいえ厳しかったのかもしれない。当時の子供はメッキの魔力にあらがえなかった。
posted by ふぇ at 18:12| 【その他単発レビュー】

2018年12月27日

超リアルタイプかぶとシリーズA 織田信長

kab (6).JPG

みなさんおまちかね。今でも模型屋の一番上の棚に残……飾られている大きな箱の御神体。
箱サイズはなんと豪華初代頑駄無大将軍クラス。

kab (7).JPG
kab (8).JPG

ガンダム以外のデフォルメ模型で最も見かけるかもしれない、そんな超リアルタイプかぶとシリーズ。
お値段はSD模型の中でもハイクラスな2500円。

箱イラストはもう完全にSD戦国伝にでてきそうなテイスト。
盾なんかもかなりパチものくさい。

ソフビ人形に飾台がついている。とあるが、パッケージを見ただけでは何のことかよく分からない。

kab (1).JPG

シリーズとしては家康、義経の3種が存在。
なぜ秀吉じゃなくて義経? という疑問は後ほど考察を。

kab (3).JPG

まずは内容物その1。
組み立て済みソフビ製の本体がゴロッと1つ。
首、腕、手首、足首が可動。肩パーツも別素材。頭は1パーツ。
若干表面が粗いが、なぜか手首だけは異様にリアルで、現在最新のMGレベルの指関節モールドが入っている。

シールドも1パーツ。このシリーズ3体すべて本体は全く同じで、一緒に写っている金メッキが新規ランナー。
取っ手以外のたった3パーツで差別化を計るという荒技。

シールはめちゃくちゃ細かい模様と箱イラストとは似ても似つかない色の目が特徴。

kab (2).JPG

そしてこちらは台座以外、名将兜シリーズの完全流用。
りあるたいぷカブトシリーズとは何のことはない、文字通りリアル兜にソフビ製キャラと台座をセットにしたBB戦士ブームに乗っかっちゃったシリーズである。

そんなブームに乗っかった流用キットなので、兜部分は接着剤必須、細かいパーツてんこもり、手で曲げて接着するなどBB戦士しか作ったことがない子供にはかなり難易度が高い。

kab (4).JPG

本体のサイズはBB戦士の豪華大将軍とほぼ同じサイズ。(手元にないのでLGBBでサイズ比較代用)
なお武器は付属しない。

某豪華大将軍の発売をみて作られたとのことなので、ぱっと見かなり寄せてはいるが、
BB戦士と間違えて買ったら作れなくて号泣間違い無し。

しかしお値段も張ることや、当時の子供はどうも“違う”ということに気づくようで、
自分も買うことはなかった。

しかし改めて見直してみると、ソフビ製とはいえキャラ本体は出来が良く、兜の造形はいわずもがなきちんとしたキットなので、塗装をすると化けるのがぱっと見ても分かる。
武器だけはどこかで調達しないといけないが、現代だと選択肢も多く、割と容易そう。

ちなみに流用元の名将兜は兜紐や兜飾りなどが付くものの、信長の兜は3000円となっているので、こちらを買うほうがお得。

そしてラインナップが家康、信長、ときて秀吉でなく義経な理由の考察。
秀吉の兜も出ているのだが、武者頑駄無的な吹き返しや前立てのない地味な兜。
単純に、見栄えがあまりよろしくない。
もしくは、義経ふくめた3兜は基本構成が同じなのでコスト的な問題。

いずれにしてもこのチョイスは見栄えが良いので正解。
気になった方は是非全国の古い模型屋で購入を!








posted by ふぇ at 21:38| 【その他単発レビュー】

2018年11月13日

ロックマン バスターブルース

rock (1).JPG

1992年発売。1800円。
発売は元祖SD等と同じバンダイ玩具第一事業部から。

rock (2).JPG

ロックマンのトイの中でも非常にマイナーなキットで、ロックマンとこのブルースの2種類が出ていた。
なにやら英語を喋っているが、英語が苦手でもすごく読みやすい教科書英語風。

rock (3).JPG

箱のサイズは500円のBB戦士より若干ちいさい。
電池収納の関係で若干オーバースケールな顔。

rock (4).JPG

LEDでバスター発射口が光り、8種類のサウンドが鳴るのがウリ。

ブルースはまだそこそこ見れるが、ロックマンの顔はきびしめ。

rock (5).JPG

箱裏のセリフに若干の違和感。
「ロックマン、君の戦いをじっくり見せてもらうぜ……」
はゲームだと「ロックマン、お前の戦いをじっくり見せてもらうぞ……」
となるだろうか。
背景のセットはしっかり作り込まれているが、足場のキラキラテープが剥がれてしまっている。

rock (6).JPG

説明書は元祖SDなどのような遊びも特になく、淡々と説明が書かれている。
腕の上げ下げでスイッチオンオフとなる。
シールは割と多め。

rock (7).JPG

パーツは非常に少なく、1800円のほとんどが本体に持って行かれていることが分かる。
顔〜胴、左腕は組み立て済み、一部塗装済み。

ゲルグ……ブルースシールドもちゃんと付属。
マフラーはなんとビニールテープで表現。

正直、定価1800円は当時としても高すぎる感は否めない。
(元祖SDのフューラーザタリオンで1900円)

おもちゃやで売れ残っていても不思議じゃないものだが、
一度も店頭でお目に掛かったことはない。

posted by ふぇ at 23:40| 【その他単発レビュー】

2018年09月18日

光と闇の伝説 1/24 クラスター

clas (2).JPG

1989年、テレビランドより発売。頂いた情報によると800円。
デフォルメ模型では無いが、デフォルメキットブームの頃に出たデフォルメっぽいプラモということでご紹介。

clas (1).JPG

なんとなく昭和末期〜平成初期に出た、プラモ屋にありそうなこのキットだが、バブル時代の凄さを凝縮し体現したような、とてつもなくヤバいもの。

clas (4).JPG
clas (3).JPG

箱絵を一見すると、完成見本や設定説明ののったよくあるバンダイのプラモの(!)テンプレだが、JANコードやバーコード、価格といった情報が一切無い。

また、メイドインジャパン、“バンダイで生産”といった情報が載っている。

clas (5).JPG

この時点で気づいた方は「ざわ・・・」となるだろうが、説明書を見てみると、設定や完成見本の他に結構本格的な漫画が書き下ろされている。
当然のようにフルカラー。

clas (6).JPG

値段の割にランナー少なめに思えるかもしれないが……。
冷静に大人の目線で見るとヤバさが見えてくる。

このキット、“横浜博覧会内の松下館限定発売、完全新規金型で外注。しかもバンダイ製。イベントの期間はたったの半年”というところ。この時点で役満。

しかも複数素材を使用。専用ポリキャップ、クリアパーツ2種、ビニールチューブ)に一部塗装済み。説明書はフルカラーで描き下ろし漫画もあって“たったの800円”。

昭和のプラモブームが終わり、子供は完成トイやデフォルメキットを買いつつゲーム機にハマっていた時代。
バブルが生んだ今では考えられないモンスタープラモデルがひっそりと生まれていたのである。

posted by ふぇ at 19:50| 【その他単発レビュー】

2018年09月16日

ロックマンバトルセット1 ロックマン&ラッシュコイル

roc (2).JPG

1992年発売。300円。
ロックマン4のプラモデルで全4種。バンダイより発売。

roc (3).JPG
roc (4).JPG

バトルセット2はブルース、3はリングマン、4はファラオマンがそれぞれロックマンとセット。
1はラッシュとエディがセット。

roc (5).JPG

箱絵の横はぱっと見から若干あやしいクオリティのロックマンとコイル出っぱなしのラッシュなどが写っている。
ゲームでは一言も喋らないエディが喋る貴重なシーン。漫画版はどうだったかな。

roc (6).JPG

説明書とジオラマカード
ジオラマカードはコサック城で、キャプチャ画像を使用しているのか、かなり荒い。
食玩並のチープさがある。

roc (7).JPG

キットはこの時代には珍しくポリキャップ不使用で、パーツ数が抑えられ、値段的にも低年齢向けなことがわかる。

エディやラッシュにギミックは無く、ロックマンはかなり間接数が多いものの設計上さほど動かなさそう。

そしておわかりだろうか。ランナーの左右対称パーツ配置。1992年。角張ったランナー。
そう、組みづらさに定評のあるランナーロックである。

roc (1).JPG

クオリティも正直きびしく、ロックマンの顔はこんな感じ。
当時基準だとまぁこんなもの。といった感じだが、今となってはファンアイテムの域を出ない。

ただしロックマン以外はこれ以外にキット化していないものも多く、貴重。

同年には別シリーズでサウンド搭載プラモデルの半完成品、
バスターロックマン、バスターブルースも出ている。




posted by ふぇ at 20:15| 【その他単発レビュー】

2018年09月15日

BB金属武器パーツ Aタイプ

bbuki (4).JPG

発売時期不明。250円。ナガノより発売。
BB戦士全盛期、ブームにあやかろうとした商品がいくつもあり、また必然の流れでもあった。
今でいうモデリングサポートグッズのようなもので、この商品もその一つ。
童友社の武器セット
とはまた趣の違う仕様となっている。


bbuki (5).JPG

BBなんちゃら戦士などSDプラモに持たせるようの武器セットで、
Aタイプは設置型大砲、金属製の刀や槍、両刃刀、銃などが付属。

bbuki (1).JPG

構成はこんな感じ。刃先に金属が使われており、両刃刀は白サビが出来ているのでおそらく亜鉛製。
他は不明。固さはしっかりしており、サイズの割にそこそこ重い。
持ち手の径やBB弾と大砲の構造から、BB戦士の武者七人衆あたりで出たと推測。

bbuki (2).JPG

組むとこんな感じに。
鉄砲は銃身が金属製で面白い形になっているが、持ち手が無い為にLGBBやクロスフレームの登場を待たないと誰にも持たせられない。

小銃はそこ持つのか! というところにピンが。

槍や長刀、刀は開発者の狙い通りか初期BB戦士にちょうど良い。若干経が細い為、塗装するとちょうど良くなる計算。

武器の少ない真空路守向けともいえる。

両刃刀は短刀より短いため、初期BB戦士サイズではあるが、挟み込みが災いして持ち手部分は中期BB戦士でないと持たせられない太さに。

ガンダム野郎でG研に入りたてのススムが改造ポイントで作成した金属製の刀が250円で手に入るのは素晴らしいところ。
posted by ふぇ at 15:23| 【その他単発レビュー】

2018年05月10日

それいけゼンマイくん 5 ドル・サタン

zenmai (8).JPG

獣神ライガーのデフォルメキット
それいけゼンマイくんシリーズの5番。
童友社より発売、600円。全8種。おそらく1989年。

zenmai (6).JPG

今でも古い模型屋に鎮座しているシリーズで、
ゼンマイ機構、色分けなし、シールなし、プロポーションが微妙、
妙に高い。とBB戦士が流行する以前の仕様で、
まだ軸と受けの精度が保てなかったのか、軸受けはポリパーツとなっている。

zenmai (7).JPG

模型屋にあった便器のプラモデルなど同様、当時のSDガンダム世代にとっては
奇抜なデザインと、箱を開けるとチープな内容に
あまり興味を持たれることはなかったのではないだろうか。

zenmai (5).JPG

箱の側面には9種のラインナップが載っているが、
女帝ザーラはおそらく未発売。

zenmai (4).JPG

パーツ精度は主に軸がかなりタイトで、スナップフィットにまだなれてない印象。
後年の桃太郎伝説シリーズは精度が上がっている。

zenmai (3).JPG

内箱は凝っており、ポリキャップとゼンマイが専用の梱包となっている。
また、当時黄金ライガーがあたった模様。

zenmai (2).JPG

実際に組んでみたのがこちら。
顔は裏側を削り、思いっきり押し込んでようやくはまる。
腕のピンもある程度ニッパーで軸のサイズを調整してようやく入った。

zenmai (1).JPG

腕の付け根のポリキャップは、胴体とかっちり繋がるようにはなっていないので、
武器を持たせるとすぐに下を向く。

決してオススメできるキットではないが、
今でも定価で売っているので気になる方は買ってみるのも良いかもしれない。
posted by ふぇ at 00:22| 【その他単発レビュー】

2018年02月17日

サイコロイド マイクロムービングマシン @サイアーム/Aサイリッパー

sai (1).JPG

リモコンで動く、基部は組み立て済みの組み立て式おもちゃで
ガンプラと同じくバンダイホビー事業部より1992年6月発売。 
(※発売時期はコミックボンボン92'05より

sai (5).JPG

Micro Moving Machine でM3。
@,AがオリジナルメカでBがガンダムとザク
Cがゴジラとモスラ、Dがウルトラマンとバルタン星人。
B以降は本体が1つに外装2キャラ分で、
Dにはダミーフレームが付く。
@,Aは2500円と非常に高価で、B以降も2800円と
少年が買うにはかなり厳しい金額。

sai (8).JPG

サイズはきゃらか〜んのディスクキット、ガン消しだと機兵やGアームズなどと同サイズ。

sai (7).JPG

本体とリモコンにコストが掛かるのか、パーツは控えめでガンダムなどは
同時期のちーびー戦士に比べてもチープで小さい。

sai (3).JPG

当時ボンボンを見てたっけぇ!と驚いたのを覚えている。
同時期発売の元祖SDのファイヤーブレイザーが1900円なので、
その当時、貯めたお小遣いをどっちに使ったかは明白。

sai (6).JPG

ゆえにオリジナルのサイアーム、サイリッパーの認知度は低め。

sai (2).JPG

サイアームは頭と腕、肩パーツとコーンが2つ付属。
サイリッパーは頭と腕、肩パーツとボール的な物が2つ付属。
なんとなく開発者の提案する遊び方が見えてくる。

sai (4).JPG

コミックボンボンでは、ビルドファイターズでおなじみのお名前、
川口名人(当時は川口指導員)がディスクキットを動かす夢があった!
と書かれているが、腕のピンはサイズがほぼ一緒、サイズも同じなので
頑張れば組み合わせることも夢ではなさそう。

posted by ふぇ at 09:55| 【その他単発レビュー】