2018年10月16日

真空路守 二 信長張斬

mak (9).JPG

1990年6月発売。300円。

mak (10).JPG
mak (11).JPG
mak (12).JPG

本体は1S。軽装モードは1Sの特徴がわりとうまく再現された頭部。
兜飾りの再現度は微妙。

mak (7).JPG

ストーリーは戦国時代の史実やマクロスの影響は少なめの様子。

mak (8).JPG

張斬の中では唯一フォッカーのスカルマークがあり、シールで再現されている。
バックパックはスーパーパックモチーフ。

IMGP0206[1].jpg

昔作ったものの写真が残ってたので、参考用に。吹き返しのシールは裏面に瞬着をちょびっと塗って剥がれないようにするのがよさそう。

posted by ふぇ at 00:44| 【真空路守】

2018年02月27日

真空路守 一 家康張斬

mak (3).JPG
mak (1).JPG

1990年6月発売。
本体は1A。

maka(3).JPG
maka(2).JPG

胴鎧のモチーフがアーマードになっている。
頭部を含めうまくデフォルメ化されていて、
SDマクロスシリーズをカッコイイと表すならこちらはカワイイ。

mak (6).JPG
mak (5).JPG

家康の兜飾りが特徴。
シリーズ共通だが、大砲を担ぐことが出来る。

mak (2).JPG

戦国武将モチーフということで、領土がSDF-1マクロス艦型となっているのが芸コマ。
posted by ふぇ at 00:13| 【真空路守】

2018年02月19日

真空路守シリーズ

mak (50).JPG

BB戦士でいう七人衆編のキットのバルキリー版。
本体の種類はVF-1Jが2つ、VF1-Sが2つ、VF-1Aが2つ、VF-1Dが2つ。
全種手足は同じ形で、同型機は1.7ランナー分同じ金型というエコ仕様。
軽装形態は頑駄無と違い、元機体に準じた頭で、
肩鎧を外すとノーマルバルキリーに近い。

ここまでくると逆に商品の区別化が大変なところだが、
兜や武器で装備の区別化がされていて面白い。

今でも模型屋で見かけることもあるが、地味に種類が多いのが厄介で
なかなか集まらない。

SDブーム時期のキットでは割とメジャーな方。
1990年発売で各300円。

個別紹介は別記事にて
posted by ふぇ at 14:50| 【真空路守】

2018年02月12日

真空路守 四 信玄張斬

mak (21).JPG

本体は1S。1990年7月発売。

mak (22).JPG

この年6月に謙信と信玄がメインの映画『天と地と』が公開されており、
うまく乗っかった形になっている。

mak (20).JPG

キットの方は有名な信玄の兜飾りではなく、観音開きの仏具が乗ったもの。

mak (19).JPG

更に付属コミックでさんざんネタにされている軍配は
付属しない上に何故か固有武器は十手。


mak (23).JPG

頭に仏壇と武器が十手というキレッキレの仕様は類を見ないので、
ぜひ手に取って頂きたいキット。

mak (24).JPG

信玄に限らないが、この時期でBB戦士以外のデフォルメ模型でメッキが使われているのは
めずらしく、300円という価格帯でいえばおそらくこのシリーズのみ。
共通ランナーでコストを下げつつ大量生産されていたことが伺える。
posted by ふぇ at 15:07| 【真空路守】