2018年10月29日

プラクション パロ伝16 合体大将軍ガッタイダー

paro16 (2).JPG
paro16 (4).JPG

1990年発売。300円。
敵キャラとしては二体目。10番台ではガッタイダーと空王丸のみ限定版も非売品もない。

記号としては元のガッタイダーの雰囲気を出しつつ、デザインは大幅にファンタジー寄りになっていて面白い。

paro16 (6).JPG
paro16 (5).JPG

魔神大集合では足となるレフターライターの一体一体も通常の魔神に近いサイズだったが、
二等身のパロ伝では小さめ。

しかし1パーツのゲタ扱いというわけではなく、ちゃんと分3体離合体可能で、背中の穴を塞ぐパーツもある。

paro16 (3).JPG

下半身は元のガッタイダーよりモンスターチックになっており、異形感が増している。

paro16 (8).JPG
paro16 (9).JPG

箱ベロはモンスター紹介。岩ベルンのどっかの3に出てきそうなデザインと説明。
ゆるい時代ならではだが、ギリギリアウトだと思う。

paro16 (10).JPG

説明書も敵の軍団紹介。キット化前提でない敵キャラはだいぶ手と線を抜いた感じのデザイン。

paro16 (11).JPG

ランナーはスプリングギミックがないことや、デザインが特殊なため、独特な感じに。

paro16 (1).JPG

組むとこんな感じで非常に可愛い。
さすがに300円と言うことでサイズもほぼ他の面々と同じ。
下半身の口はしっぽと連動ギミックがあり、合体以外にも手の込んだキットとなっている。
個人的にパロ伝の中でもおすすめの一体。

posted by ふぇ at 09:06| 【プラクション パロ伝】