2018年10月10日

BB戦士限定版 コミックボンボンオリジナル 超白鋼仕上げ飛天頑駄無超将軍

bbhi (6).JPG

コミックボンボン1993年6月号にて先着3000名(!?)
に1000円で本誌通販された、No.114 飛天頑駄無超将軍のメッキ版。
3000名というところに当時のBB戦士がいかに勢いがあったかがわかる。
現在ではボンボン応募先着系の限定プラモの中ではダントツで入手しづらい。

bbhi (9).JPG

パッケージ表はガンダム野郎のやまと虹一先生描き下ろしになっており、
作中に登場した白鋼の飛天(本物)をイメージしている。

bbhi (7).JPG
bbhi (8).JPG

パケ横はデザインそのままで、写真だけ専用の物に差し替えられている。

黄金武装農丸、千生大河スペシャルと応募先着系は手が込んでいたが、
これ以降は単色パッケージとなっている。

bbhi (10).JPG
bbhi (1).JPG
bbhi (2).JPG

説明書は1面イラストやナンバリングの箇所、コミックワールド上部が差し替えられている。

bbhi (3).JPG

部品注文カードも専用になっている。
それ以外は通常ナンバーと同じ。

bbhi (5).JPG

後に抽プレとなる兄弟、大牙や他の抽プレ白鋼が通常の銀メッキであることや、多威無掘駆主弐で再現された物がつや消しメッキなことから混同しがちだが、このキットはメッキランナーが2種使われている。

bbhi (4).JPG

銀メッキランナーが2枚、半つや銀メッキランナーが1枚。
シールとポリキャップなどは通常版と同じ。

コミックでは12巻に登場。実際は大河では無く長谷川指導員がバトルに使用する為取り出す。
が、次のコマで大河の超軽闘士が乱入し戦うことは無かった。

そして転送イベントアイテムとして消費され、次回では自称狂四朗の弟子が作ったとは思えない塗装が剥げる偽白鋼が登場。本物の話題はフェードアウト。以降は話題にすら上ることはないという出オチ扱いに。

その実銀メッキではあるが、“白鋼”というブランドに仕上げるセンスがすごい。
子供の頃は白鋼=特別レアな物という認識でいたから、後の輝羅鋼でより驚く事となる。

posted by ふぇ at 13:16| 【BB戦士 限定/非売品】