2018年09月24日

メカニマルZOO グレートブルドッグ

bru (1).JPG

ロボダッチでおなじみのイマイより1984年12月発売。800円。

bru (2).JPG

デフォルメというと微妙な所で、個人的にあまりハマるデザインではないが、
箱の大きさと時代性にちょっとときめいて購入。

800円ながらBB戦士の1800円豪華頑駄無大将軍とほぼ同じ箱サイズ。

bru (3).JPG
bru (4).JPG

デザインや色味は80年代のメカ風……というか肩や肘のパッドが完全にスコープドッグ。

オリジナルらしいが、無駄に設定が凝っているのも特徴。
右肩に乗っている人については後ほど触れる。
誰しもが突っ込みたくなるその搭乗位置は、盾構えただけでふっとばされて死ぬ。

bru (6).JPG

まずは説明書。
パーツ数は多く、プラ以外の素材もふんだんに使用されていることが分かる。

bru (7).JPG

説明書内にもキャラクターイラストが多く、何を売りにしたいのかがわかりやすい。
そのパイロットも、首や本体は固定ながら、太股で分割、膝に可動軸があるめずらしい仕様。

時代的には女性キャラプラモブームの第一世代だろうか。

bru (9).JPG

メカのランナーはこちら。挟み込み式で作るのが大変そう。

bru (8).JPG

イマイらしいこのギミック用多素材。80年代のキット特有。箱にホッチキスで固定されている。

bru (10).JPG
bru (10).JPG

武器とキャラランナー。有名なロリコンを取り入れたボディさんと同世代で、ちっぱい。
デカールも可愛い物が揃っていて、目は垂れ目とつり目が用意されている。

bru (5).JPG

皆様のご褒美タイム。このプラモの設定書。
ありがちな設定はさておき、戦うロリータというぶっ込みタイトルやら、ロリータ戦士やら時代を感じる物の、メインキャラクターが12歳という設定や、戦う美少女小学生という先取り感が凄い。





posted by ふぇ at 20:33| 【SD模型ブーム前史の物】