2030年09月09日

空白のSD模型史1

以外にも1985年頃までの模型資料は多いものの、
1986〜1993年頃の資料は散漫としていて特にSDガンダムや
ワタルシリーズ以外の模型はほとんど収集者が居ないのか、
穴抜けが目立つ未開の地だったりします。

ここで紹介するものも、抜けがまだあると思います。
お気づきの点、間違いなどあればツイッター 
https://twitter.com/fenrirvier04 までご連絡を頂ければ幸いです。


【SDブーム前史:デフォルメプラモデルの登場 〜1988】

デフォルメ模型の歴史は以外と古く、1970年代後半にはロボダッチが。

img20180212_06400147.jpg


1982年 Dr.スランプアラレちゃん
1983年 チョロQダグラム
1984年 リアルロボットをデフォルメ化したロボチェンマン、
パロチェンマン、Qロボゴーグ
1995年 カワルドスーツ、アリイのプロレスシリーズ
1986年4月〜6月 ゲゲゲの鬼太郎 ようかいランドシリーズ

同時期にファミコンブームに乗っかったTVゲームプラモデルとして、
ニンテンドーキャラやコナミキャラがプラモ化されている。
他にもあそボットシリーズ(完成品・バンダイホビー事業部)などもある。

この頃、SDガンダムガシャポン戦士シリーズが始まる。

1987年 ビックリマンのプラモ、ビックリマンコレクションシリーズ
1987年 BB戦士No.01のガンダマン
いわゆる初期BB戦士といわれるガンダマンシリーズは、
まだ3等身でSDガンダム表記はない。

1988年はバンダイより、様々な2等身キットがリリースされている。
スパイラルゾーンのデフォルメ、スパゾン倶楽部が。

jir (7).JPG

4月 世界忍者戦ジライヤ たたかえ忍者くん
6月 霊幻道士 キョンシー2種

ビックリマンは、ビックリマンコレクションとは別にビックリチェンジシリーズが。

しかしこれらはBB戦士No.07νガンダム(詳しくは後述)と同期ながら、
80年代に良く見られるゼンマイ駆動や、ジライヤは単色キットなど、
まだプラモデルに手を出していない子供にとっては少し古い仕様。

キョンシーはパーツ数は少ないもののギミックやビス使用もあって
当時の子供にとっては組みづらい。


【第一次SDプラモブーム:SDプラモ桜花爛漫時代 1988〜1993】

img20180212_07092850.jpg


1988年の5月に発売されたBB戦士No.07 νガンダムより
見慣れた二等身へとなっている。
接着材不要はもちろん、色を塗らなくてもある程度カラフルに作れる
イロプラ、目や色を補うシールが付属するなど、
まさにニュースタンダードとなっている。
(ちなみに当時の物は、現在のものとはシールのPPコートの
厚さが違うのか、剥がれない)

玩具では同年、魔神英雄伝ワタルのプラクションシリーズが開始。
こちらもやはり塗装をせずともイロプラ、一部塗装済み、
シールなどでカラフルで接着材不要で組みやすい。

さらにバンダイ(トイ)からも元祖SDシリーズが。このサイトを見ている方にはもはや説明不要の存在。

これら新世代の組み立てるおもちゃとも言うべきBB戦士と元祖SDは瞬く間に種類を増やし、
まさにSDブームの幕開けとなっている。

かと思えば1989年、平成元年。模型業界では1980年代中期に起こったキャラプラモブームに
乗っかっていた各社も痛手を負ったからかバンダイや童友社以外はその波に乗ることはなかった。
(特例としてアオシマ:後述)



■童友社
獣神ライガー それいけゼンマイくんシリーズ
ゼンマイ式モデル。
フォーマットもSDブーム以前の仕様で、当時の子供には受けなかったのか割と今でも模型屋に眠っている。
価格も600円とかなり高い。

■バンダイ
ウルトラ怪獣ワイワイランドシリーズ
ホビー事業部より8種類リリース。
ガンダム10thモデルとしてリリースされたF.C.Mの部分塗装技術が
使われているという、さりげなくオーパーツ。
ホビー事業部から出たものの、元祖SDに近い仕様。

トイ方面では動物モチーフのデフォルメミリタリーのネンダーランドが。
3等身のゴム製フィギュアにプラ製の戦闘車両が付く。
【【空白のSD模型史】の最新記事】
posted by ふぇ at 06:47| 【空白のSD模型史】

2030年01月12日

空白のSD模型史2

1990年。SDプラモは最盛期を迎える。
この年は何でもかんでもSDで出ていた。

■バンダイ
4月〜 キャッ党忍伝てやんでえ メガアップシリーズ 3種
6月〜 真空路守シリーズ 10種
8月〜 SDマクロスシリーズ 4種
12月〜 からくり剣豪伝ムサシロード 3種
B-CLUBからメガアップモデルと同サイズのおみっちゃんもでている。

■童友社
童友社からは桃太郎伝説シリーズが。

momo (3).JPG

箱にある完成写真や目のシールが今一なため、
アニメを見ていない人間にはまさにBB戦士のパチ物として見られていた。
しかし18種も出ているSDプラモ界ではかなりのナンバリングタイトル。
フォーマットもBB戦士を摸したもので、
見覚えしかないポリキャップも使用されている。

後半弾のスペシャル以降はは兜飾り等にメッキパーツを使うなど、
BB戦士でいうところの風林火山四天王相当に値する出来。

後半4つに至ってはクオリティも申し分ない。
この4つはOEM製品が(株)アガツマよりリリースされている。
こちらはおそらくトイ流通。(要検証)

童友社は他にも大型の箱で、兜のキットにゴム製の
武者ガンダム的なものを付属させた
超リアルタイプ兜シリーズを3種リリースしている。
(発売年月の考証は童友社もの考察のページにて)など、
数少ないSDプラモの功労者でもある。

■タカラ
プラクション パロ伝シリーズ
こちらは1991年まで通常ナンバリング30(31種)と限定版、
非売品も相当数が出ている。

本家プラクションやBB戦士と比較すると、簡易キット感はあるが、
実はかなり凝ったデザインをしており、
似たような顔ぶれながらリデコは意外と中盤まで少なく、
かなり力が入っていることが分かる。

同年、チョロQシリーズの異端児が生まれた。
知る人ぞ知るQBOYシリーズである。
同シリーズは8種、組み立て式のプラモデルとして、
シューティングの自機のようなSFメカチックにデザインされた
組み替え式チョロQなのだが、No5のバトルフェニックス,
No6のデスタンクのみパロ伝に近いSDメカが唐突に含まれている。

dd1.jpg

両方とも、上半身がSD、下半身がチョロQとなっているのだが、
なんとゼンマイを使わないSDの下半身も付属していて、
まさにブーム乗っかりの申し子となっている。
同年、セガからトイ流通のプラモデルとしてヘポイシリーズが。

トイで、バンダイよりゼンクマンシリーズもでている。
昨今広がりをみせるSDガンダムとんとん相撲のご先祖様のようなもので、
ゼンマイ駆動で動いて相手を押し出す遊びを推奨していた。
シリーズ最終弾のコマンドガンダムは色分けや造型、付属武器もしっかりしていて
Vフォースワンが付属しないものの、かなりかっこいい。

1991年。この年は模型界にSDの大きな動きは無く(要考証)、
新規シリーズはバンダイからリメイク版の放送に合わせてひょっこりひょうたん島が2種でている。

この年放送されたファイバードは食玩やトイでデフォルメキットがでているものの、
デフォルメ模型としての展開は無い。

他も新規でのシリーズはない模様。

しかし当時、駄菓子屋からプラモ屋、おもちゃ屋に文具店。
カードにガシャポン、文房具にプラモデルとSDの姿を見ない日はなかった。
posted by ふぇ at 08:00| 【空白のSD模型史】

2029年02月12日

空白のSD模型史3

1992年、この年もバンダイから数多くの商品がリリースされている。

■バンダイ
6月〜 サイコロイドシリーズ 5種

sai (1).JPG

リモコンで動く、基部は組み立て済みの組み立て式おもちゃで
ナンバー2まではオリジナル、3からはガンダム、
ウルトラマン、ゴジラがリリース。
キットのサイズはキャラカーン(ちーびー戦士より小さい)程度だが、
定価2500円。3以降は2800円と非常に高価。
ボンボンではしきりに取り上げられていたが、
価格とオリジナル故にナンバー1,2は入手しづらい。

1990年代はトイ方面でもこういった無名の
オリジナル高額玩具がかなり出ていた。

10月〜 仮面ライダーSD キメチェン戦士 3種
11月 ゴジラ ビュンビュンモンスターズ 3種
そして同じくバンダイから、SDではないがロックマンVSシリーズを4種、
ラムネ&40からキングスカッシャー1種を出している。

同様にガシャポンで出ていた消しゴムとプラ鎧をまとめてセットにした
ヴィルガスト英雄物語が模型屋向けに4種でている。

■アオシマ
鉄人28号くんシリーズ 4種

このキット、特筆すべきは磁石が使われたそのキットという特徴より、
【発売元】がタカラで、【販売元】がアオシマ文化教材社と
なっているところである。

DSC00619.JPG

輸入キットでは良く見られるが、キャラキットではあまり見られない。

なぜこうなったのだろうか。

タカラは1990年付近の(時期不定)何年かはゾイド、
プラクションシリーズなど模型の問屋にも流通が
あったらしい(ホビーハウスコンドーのご店主からの情報)が、
ある時を境に模型流通での取り扱いがなくなっている。

タカラは1992年に同タイトル鉄人28号くん 
ペンコンという鉛筆を背中に刺して遊ぶ商品を
プラクションシリーズで出している。

こちらはパロ伝体型でアオシマのとはフォーマットが別。
鉄人28号くんは1992年にコロコロコミックで連載していたようなので、
前者のシリーズも1992年ものだと思われる。

といったところから想像するに1992年には既にタカラは模型流通での販売が
何かしらの理由で出来ない状態にあり、アオシマを通してリリースして
いたのではないだろうか。(要考証)

1993年
■バンダイ 
アイアンリーガーよりマグナムエース、マッハウィンディが。
箱はBB戦士よりフックがない元祖SDに近い。
(最近までアイアンリーガー7のセット玩具のバラ売りだと思っていたが、全くの別商品)



この年、SDガンダム映画まつりという四大将軍の活躍する武者、
ファイナルフォーミュラーなどが活躍するコマンド、聖機兵物語を描いた
ナイトの三本立て映画が公開される。


【SDブームの沈静化:その後】

SDガンダムも筆者近辺では1994〜1995年くらいを境に
落ち着きはじめ、BB戦士を作っていた友達達は
ドラゴンボールのカードダスや、ミニ四駆へと移行していった。
(筆者自身は未だSDガンダムに熱狂していた。)

そして2004年。
SDガンダムフォース絵巻 武者烈伝 武化舞可編で武者ガンダムのリメイク、
烈火武者がリリースされ、SD出戻り組が増えて行ったことは記憶に新しい。

この頃からHJでもSD戦国伝のリメイクにも力が入り始め、
静かながら第二次SDブームの兆しが見られる。
そしてふつふつと機運が高まる中、SD三国伝が店頭PVが作られ、
コーナーも出来るなど一気に爆発する。

コトブキヤから各種デフォルメプラモが出始めたり、
バンダイもSD世代が担当に付くことなどで、
今では元祖SDシリーズが再開されるなど、
SD魂を持った者達は財布からお札を出す事に忙しくなってくる。

【最後に】
デフォルメ模型史において、SDという2等身模型は
意外にも後発でした。
1988年後半のBB戦士の爆発的なヒットを受け、
1990年に童友社の桃太郎伝説やバンダイの大SDプラモ時代。
おもちゃ業界、食玩界隈にはかなり波及したものの、
模型史においてはこの1990年がピークで、
バンダイも含めて急激に落ち着いていった印象があります。

模型ファンにとってはデフォルメは邪道で、
たとえばウルトラマンファンならウルトラマングッズを集めるついでに
集めるといった程度。

第一次SDブームの世代でも、同タイトルでクオリティが
高い商品がトイで出ている
(キャッ党忍伝てやんでえ、サムライロード等バンダイ商品)
からわざわざ集めていないという方は多いのでないでしょうか。
さらに色数は少なくても安さで言えば食玩がメインでした。

種類の豊富さと取説コミックなどでブームの牽引役となっていた
BB戦士以外のプラモデルは、種類も色数も価格も当時としては
中途半端だったことで敬遠され、
未開の地を生む要員になっていたのかもしれません。

いずれの商品もクオリティこそ現代のハイクオリティな
キットには及ばないのはもちろん。
クオリティどころかラインナップも、
ほとんどが当時の組み立て式玩具に及ばないないものの、
今見るからこそ気がつくことが出来る味わい深い造型や仕様を
ご覧下さい。

ようこそ、すばらしきSDプラモの世界へ。


※以上第一稿。いつでも加筆、修正いたしますので
間違いや確定情報などありましたらご連絡をお待ちしております。
posted by ふぇ at 08:12| 【空白のSD模型史】

2018年12月16日

真空路守 三 謙信張斬

mak (15).JPG
mak (16).JPG

1990年3月発売。300円。

本体は1A。ボディはアーマード型。

mak (17).JPG
mak (18).JPG

固有装備は何故か弓。弓と言えば義経のイメージだが……。
矢は取り外しが出来ないうえに、弓はそうはならんだろうという持ち方。

mak (13).JPG

説明書にはちらっと長政張斬が登場していて、決定カラーの青とはちがってヒロイックな感じに。
こっちの方が売れたんじゃ。

mak (14).JPG

なんと兜が1パーツ整形で出来ていて、割と出来が良い。
兜飾りはさすがに謙信頑駄無には負けるが悪くない。

バックパックはファミコンのカセットのよう。
posted by ふぇ at 15:07| 【真空路守】

ゲゲゲの鬼太郎 ようかいランド・シリーズ その5 おはかの別荘

kita5(17).JPG
kita5(18).JPG
kita5(20).JPG

1986年発売、400円。

80年代、妖怪も別荘を所有する時代に。

パッケージの完成見本をみると、岩や草が基本色、茶色をまぜた色、影、ハイライトまではいるというとんでもないクオリティで塗られている。

kita5(14).JPG

ベースはカットモデルで、前後で別のセットとして見れるようになっている。

kita5(19).JPG


ハンモックに鬼太郎を寝かせ、木の覗き穴にこなきじじいをセットするのだが、パッケージでは鬼太郎が寝ながら立たされている。

そしてお酌セットと机がついているのだが、そこに座っているのは、誰だお前。
箱の解説部分は誤記があったのか、シールで補われているという貴重な仕様。

kita5(15).JPG

消しゴムは鬼太郎とこなきじじい。
鬼太郎は他では見ない、とじ目姿。

ベースのランダムに彫られた石垣など、職人技を感じる。

kita5(16).JPG

やはりどう見てもこなきジジイが挟まっているようにしか見えない。


posted by ふぇ at 14:36| 【SD模型ブーム前史の物】